リトミック研究センター福岡第一支局


リトミックの指導法を学びたい皆様へ

「リトミック」とは、「リトミック研究センター」とは、をお知りになりたい方は、
リトミック研究センター本部ホームページをご覧ください。

資格も取れる月例研修会(年9回) 一般の方、どなたでも参加できる講習会 会員向け 任意研修会・特別研修会 お子様のお教室をお探しの方

リトミック研究センター福岡第一支局(電話:092-581-7608 FAX:092-581-7608)


資格も取れる月例研修会(年9回)
【月例研修会とは】
月例研修会の詳しい内容については、リトミック研究センターのサイトをご覧ください。

【2019年月例研修会日程】
日程:①5/12(日) ②6/9(日) ③7/7(日) ④9/1(日) ⑤10/6(日)
   ⑥11/10(日) ⑦12/1(日) ⑧1/13(月・祝) [試験]2/2(日) ⑨3/1(日)
時間:初級コース 10:00〜13:05
   中級コース 13:45〜16:50
   上級コース 10:00〜13:05
   特別コース 13:45〜16:50
会場:福岡こども専門学校 (福岡県福岡市博多区博多駅東1-16-31 6階)
受講費用(2019年度):53,028円
内訳:入会金(初年度のみ) 5,400円、本部年会費 5,400円、研修費 30,240円(1年分)、教材費 11,988円(1年分) ※認定試験を受験される方は別途7,000円(税別)が必要です。


月例研修会資料請求はこちらから
※2020年度の要項は1月中旬できあがり予定です
月例研修受講お申し込みはこちらから


【月例研修初級の様子】[7回目] 12/1(日)開催
第7回 ティーチング
この日、福岡では国際マラソンが行われました。
気温は徐々に冬に近づく中、皆さんのリトミック熱は、加速して上がってきたように感じられました。
今回試験課題にもなっているカノン、「リズムの追いかけっこ」の基本が、3歳の子どもへの指導内容に出てきました。
記憶した事を思い出しながら次のことやる。という難しい課題ですが、その必要性や、指導手順を「なるほど!そういうことか!」と、感じて下さったみたいです。 リトミック研究センターのリトミックは、年齢別です。1歳児のリトミックからしっかりと繋がっており、それを子ども達に伝えるには、指導者のリズム力が必要とされます。さあ皆様、子ども達と共に自分のリトミック力をスキルアップして下さいね!

1回目からの【月例研修初級の様子】はこちら

一般の方、どなたでも参加できる講習会

【2019年夏季特別講習会】
令和元年8月4日(日)「夏季特別講習会~Let’sリトミック2019~」を開催いたしました。
今年度のテーマは『リトミックで笑顔を増やそう』、講師は能塚先生と市丸先生です。福岡第一支局ではテーマに基づき、毎年2つのコースを開講しております。
今年度のAコースは「楽しいリトミック体験」です。幼稚園や保育園の先生方を中心に、リトミックの楽しさを経験していただきました。言葉や音楽に合わせること、即時的に反応することの中には、「よく聴く」「ビート(拍)を保持する」「タイミングを合わせる」といったたくさんの内容が含まれます。音楽にピッタリ合った時、タイミングよく動けた時には受講生のみなさんから自然と歓声が沸きました。この日初めて会った方同士でも、笑顔で喜び合えるのがリトミックの魅力の一つです。ロープやスズランテープといった身近な道具でのリトミックでは、「こんな使い方ができるのか」といった感想が多くきかれました。明日からは、身近な道具が普段とは違う形で活躍しそうですね!
Bコースは「音楽につながるリトミック」ということで、音列あそびからスタートです。音の並びを前後や高低で動きながら経験していきます。鍵盤の横向きの並びに行きつくまでには、さまざまなアプローチがあることを経験していただけたと思います。その後、市丸先生が2・3歳児を対象に、能塚先生が4・5歳児を対象に音楽的要素に着目した活動を展開されました。
小さな子どもたちでもできる合奏の内容、鍵盤ハーモニカの導入の仕方など、明日からすぐに実践できる内容がたくさんありました。どちらのコースでも「何のためにするのか」という、ねらいや目的をしっかり持つことの大切さと、音の高さ・長さ、音楽の速さ・強さ・ニュアンスなど、それぞれについての活動をたくさん経験し、それを統合していくアプローチの仕方について解説していただきました。これからご自身が現場で実践される上で、とても参考になる内容だったのではないでしょうか。
研修の中で「できた!」「楽しい!」とご自身が感じたこの気持ちを、ぜひ次は子どもたちに経験させてあげてください。帰りにお見送りをしていたところ、今日の内容をいつの保育で実践しようかと話し合っていた先生方がいらっしゃいました。リトミックをする子どもたちの笑顔を想像し、私自身がとてもワクワクしています。この講習をきっかけに、リトミックに興味を持たれた皆さん、今後も一緒に学んでいきましょう。またお会いできることを、スタッフ一同楽しみにしております。

福岡第一支局指導スタッフ 宮本紫乃







過去の【夏季特別講習会の様子】はこちら

会員向け 任意研修会・特別研修会
【発表会で使えるリトミック】
日程:2020年2月24日(月・振休)
時間:10:00~13:00
会場:クローバープラザ 音楽室
対象:特別コース修了者、2019年度特別コース修了予定者

※任意研修、特別研修を受講されたい方は福岡第一支局へお問い合わせください


【特別研修「低年齢のリトミック」】
令和元年9月23日(月・祝)特別研修「低年齢のためのリトミック」を特別コース修了者対象に開催いたしました。講師は市丸ゆかり先生です。
研修の始めに先生が「親子対象のもの」、「子どもだけを対象としたもの」、どちらを学びたいかたずねられたところ、多くの受講生の方が「子どもだけ」と答えられました。保育園や未就園児クラスなど、低年齢を対象としたリトミックの広がりを嬉しく思うと同時に、みなさんやはり難しさを感じられているのだと思いました。
市丸先生の研修では、受講生のみなさんが本当に1歳児に見えてくるので不思議です。それだけ、現場と同じ姿を見せてくださっているのだと思います。声の高さ・大きさ、話すスピード・内容、どのように環境を整えて、どこで教具を準備し、どのタイミングで園の先生方に協力依頼をするか等、まるで実際の場にいるようなのです。そこがとても魅力で、受講生の方にとっても大きなヒントになるのだと思います。
また、研修の中には教材の紹介もたくさんありました。お手玉、ロープ、カラーテープにマラカス…どのような意図を持ってどう使うか、他にどんな使い方があるのか、教材研究にも繋がります。
「小さいからできない」ではなく、この年齢だからこそさせてあげたい経験、伸ばしてあげたい力について考えることができました。その意味でも、とても有意義な研修だったと思います。この研修をヒントに、みなさんが担当される低年齢児のリトミックが、より充実したものになりますように!
今後も2020年2月に特別研修の開催を予定しています。またどんな研修になるか今から楽しみです。
福岡第一支局指導スタッフ 宮本紫乃







お子様のお教室をお探しの方
福岡県のリトミック教室をお探しの方は、
リトミック研究センター本部ホームページにて
ご案内しております


【リトミック研究センター福岡第一支局 スタッフ紹介】

支局長:山里浩子
チーフ指導者:能塚由紀子
指導スタッフ:市丸ゆかり
指導スタッフ:宮本紫乃
顧問:實松みどり

【リトミック研究センター福岡第一支局 お問合わせ先】
〒816-0873 福岡県春日市日の出町1-11-1
電話:092-581-7608 FAX:092-581-7608