リトミック研究センター福岡第一支局


資格も取れる月例研修会(年9回)
【2020年度 月例研修初級の様子】
[6回目] 12/6(日)開催
初級6回目 リズム
初級6回目のリズムでは、リズムカノンに取り組みました。「カノン」はカエルの歌の輪唱のように追いかけていくことです。今日は3拍子のリズムを1小節遅れて模倣することから始めました。リズムを1小節遅れで表現することは、「記憶したことを表現しながら次のリズムをきいて記憶する」ということを同時に行っています。集中力が必要です。これからも複数のことを同時に行う難しさとできたときの気持ちよさを感じながら取り組んでいきましょう!
今回は認定試験へ向けてのリズムトレーニングも行いました。大人になってからは試験を受ける機会が少なく、緊張されている方も多いと思います。認定試験は、これまで学んできたことがきちんと身についているかを見るための試験です。ポイントを確認しながら準備をし、自信を持って受験できるよう、スタッフ一同サポートいたします。

【2020年度 月例研修初級の様子】
[5回目] 11/1(日)開催
初級5回目ティーチング
年間9回の研修も今月で5回目、折り返しとなりました。
今回は、4回の研修を終えた受講生の皆さんに、『リトミックとはどんな教育だと思いますか?また、実践された方は、子どもたちの変化などありましたら教えて下さい。』とお伺いしました。
『音楽だけでなく想像力や表現力や集中力など見えない力がつく』
『身体全体で音楽を感じる』
『みんなでリトミックをやることで、お友達と楽しむ気持ちや、思いやる気持ちがうまれた』
『音楽を楽しんでいるうちにできることが増えた』
など、たくさんの感想を頂き、リトミックの目的や効果が伝わっていることを実感しました。
研修でもお話ししているように、リトミックをより効果的に子どもたちに伝えていくためには、
・演奏しながらの言葉かけ
・子どもを見ながらのピアノ演奏とテンポキープ
などの技法が必要です。
研修後半は演奏のコツや声掛けのタイミングなど、実践できるリトミックを身に付けていってくださいね。

【2020年度 月例研修初級の様子】
[4回目] 10/4(日)開催
初級4回目ティーチング
前回はひと月に2度の開催でしたが、今回は台風の影響でひと月空いての開催でした。みなさんと元気にお会いできたことが、スタッフ一同とても嬉しかったです。
月例研修も4回目となり、テキストや教具にも馴染んでこられたころでしょうか。今回もカラーボードや色の棒、絵カードなどさまざまな教具を使用しました。実際にレッスンの中で教具を使うときは、持ち物の中から教具を取り出す、自分の場所に持ってくる、活動で使う、片付ける…とさまざまな行動が加わります。
ねらいを持った活動を展開していくためには、スムーズに準備・片付けをし、次に向かうことも大切です。今回は「私の場合はこのようにしています」という形でご紹介しましたが、人数や状況でやり方は多様です。ぜひ自分の環境に合ったやり方を考えていっていただきたいと思います。
また、今回は積極的に質問をいただきました。研修の中で疑問に思ったことや聞き逃したことがあれば、今後もいつでもご質問くださいね。

【2020年度 月例研修初級の様子】
[3回目] 8/23(日)開催
初級3回目ティーチング
今月は、月初に2回目、月末に3回目と、ひと月に2度の月例開催でしたが、暑さに負けず、できる限りのコロナ対策を行いながら、無事開催することができました。
初級では、ステップ3(3歳児)のティーチングを受講して頂くのですが、今年度はコロナ対策として動きの制限があるので、なかなか自由に活動ができない部分もありますが、やはりリトミックをやってみたいと思ってくださる方々は違います。
しっかり想像力を働かせて、できる範囲で楽しんで受講してくださっていました。
ステップ3では、少しずつ拍子などを学んでいきます。そして、子供達が自ら考えて行動することを引き出していくのも、この年齢の目的の1つです。
世の中の情勢は大変ですが、心だけは豊かでありたい。そのためにも皆さんとリトミックを頑張っていきたいと思うこの頃です。

【2020年度 月例研修初級の様子】
[2回目] 初級・中級8/2(日)、上級8/9(日)、特別クラス7/23(祝)開催
第2回目の月例研修会は春日市のクローバープラザにて行いました。
いつもは30名以上の大人数での研修ですが、今回は会場が、コロナ対策として収容人数を半分に制限しているため、初級クラスは1クラスを半分に分け、スタッフも2名体制で2部屋同時進行での研修となりました。同時進行は初めての経験でしたが、少人数ということもあり、お顔を見てお1人ずつ、それぞれのお仕事の内容や、リトミックに求めるものなども伺うことができました。また、お隣の席の方と2人組みで一緒に考えて頂き発言の機会も増えたためか、1回目より更に雰囲気も和やかになりました。
月例研修会を受講される方は、職業も年齢も立場もさまざまです。教育現場や保育士の方はアイディアが豊富で、子どもたちへの対応にも慣れています。一方音楽関係の方は演奏技術があるため、イメージを音にすることが上手です。そんな異業種の方と出会って、お互いの知識を増やし、情報交換できるのもこの研修の良いところです。毎回1人ずつお友達を作ってリトミックの輪を広げてほしいと思っています。

【2020年度 月例研修初級の様子】
[1回目] 7/5(日)開催
突然の新型コロナウィルス感染症の拡大により、当初5月開講予定だった月例研修会も、開催延期を余儀なくされました。しかしそんな中でも、子どもの可能性を広げるリトミック教育の必要性を感じて申し込みをしてくださる方から多数のご継続と新規お申込みを頂き、心より感謝申し上げます。できる限りの予防対策をして、また受講生の方々のご理解を頂きながら、2カ月遅れで7月から開催の運びとなりました。
感染予防対策をしながらの研修は、今までとは違う形態で、たくさん動いて行う研修ではありませんが、その分スタッフの動きを見て、たくさんメモを取られながら、頭の中でシミュレーションされているのが伝わり、皆様の学ぶ意欲に多くの刺激を頂きました。また、リズムの時間では近くの席の方とのリズム遊びをするうちに、徐々に緊張も解けてきた様子でした。
しばらくはコロナ対策をしながらの研修となりますが、私たちスタッフも受講生の皆さんと同じように今できることから、新しい可能性を見つけていく1年にしていきたいと思います。
1年間宜しくお願いいたします。



【2019年度 月例研修初級の様子】[認定試験] 2/2(日)開催
2月2日は初級~上級までの指導資格認定試験でした。
初級の受講者の皆さんにとっては初めての試験で、緊張されたことと思いますが、皆さん頑張っていらっしゃいました。
一年かけて積み重ねてきたことが、形になって表れていることを感じました。

【2019年度 月例研修初級の様子】[8回目] 1/13(月・祝)開催
第8回 ティーチング
1年目のティーチングは、3歳のテキストを中心にリトミックの基本を学びますが、そろそろまとめの時期となりました。
今回は冬の手遊びうたから始まり、グループによる模擬レッスン、テキストからは「お掃除」や「大工さん」など身近な題材をもとに3歳児指導のまとめを行いました。
受講生の方は、回を進めるごとに、レッスンの手順や、声の掛け方、ピアノの弾き方、指導のノウハウを身に付けられ、現場でもたくさん実践されているようです。「子どもたちの反応がかわりました。」「リトミックっていろんなことに役立つんですね」と言ったお声も多く、嬉しく思います。
リトミックって本当に奥が深いのです。
リトミックの魅力を知った皆さんが、5月から中級(2歳児)コースをさらに学んでくれることを願っています。

【2019年度 月例研修初級の様子】[7回目] 12/1(日)開催
第7回 ティーチング
この日、福岡では国際マラソンが行われました。
気温は徐々に冬に近づく中、皆さんのリトミック熱は、加速して上がってきたように感じられました。
今回試験課題にもなっているカノン、「リズムの追いかけっこ」の基本が、3歳の子どもへの指導内容に出てきました。
記憶した事を思い出しながら次のことやる。という難しい課題ですが、その必要性や、指導手順を「なるほど!そういうことか!」と、感じて下さったみたいです。 リトミック研究センターのリトミックは、年齢別です。1歳児のリトミックからしっかりと繋がっており、それを子ども達に伝えるには、指導者のリズム力が必要とされます。さあ皆様、子ども達と共に自分のリトミック力をスキルアップして下さいね!

【2019年度 月例研修初級の様子】[6回目] 11/10(日)開催
第6回 リズム(認定試験公示)
リトミック研究センタ―の月例研修会は1年ごとにクラスが分かれています。
1年目が初級、2年目が中級、3年目が上級クラスです。ご希望の方にはその上もあります。(特別コース)
その中で1つの目安となるのが「指導資格認定試験」です。必須ではありませんが9割くらいの方が受けられ、合格することによって認定証をお渡ししています。(試験を受けなくても、1年間受講すれば進級はできます)
今月はその内容の公示でした。
毎年「え~難しい!」「できそうにないですー」とおっしゃるのですが、ワイワイ楽しく皆で練習していくうちに、3か月後(2月)の試験では皆さんできるようになっているのです。
こうしてご自身のレベルアップを積んでいくことで、子どもたちによりよい指導ができるのだと思っています。

また、今月のティーチングは、長崎第一支局から竹内先生をお迎えしてご指導いただきました。
福岡では、毎年ゲストティーチャーをお招きしています。違った角度からのアプローチもたくさんありますので、皆さんの引き出しを増やしてくださいね。

【2019年度 月例研修初級の様子】[5回目] 10/6(日)開催
5回目リズム
季節は、秋へと移りつつありますが、日中はまだ半袖でも大丈夫ですね。
初級も5回目に入りました。今月のリズムは「基礎リズム」と「拍子」です。
今、2拍子の基礎リズムに奮闘中の初級の皆さんは「頭では、わかっているけど・・・・」と言いながらも、いつも一生懸命取り組んでくださっています。何度もやっているうちにできていかれる様子を見ていると、嬉しく思います。また、今回は3拍子の基礎リズムにもチャレンジしました。
拍子の活動ではグループに分かれてお手玉を使い、2拍子・3拍子・4拍子のリズムを遊びを交えてやってみました。楽しんでいただけたようで、笑い声が絶えないお手玉遊びでした。
今後も、楽しんで受講していただければと思います。

【2019年度 月例研修初級の様子】[4回目] 9/1(日)開催
第4回 初級ティーチング
8月は月例研修会がなかったので、1か月ぶりにお会いすることができました。夏の疲れが出てくる時期ですが、みなさん、元気に受講されています。
今回はピアノ演奏法について触れたいと思います。ピアノ演奏法は指導書譜例の曲を使って、リトミック指導ができるようにすることが目的の一つです。研修の中では、前回学んだ内容をピアノを弾きながら実践することになります。今回実践してくださった方は「普段、子ども相手の仕事をしているわけではないので・・・」と話して弾いてくださいました。さすがリトミックを学ぶ仲間同士、あたたかい雰囲気の中で実践していただくことができました。普段から子どもと接する方でも、研修の場で大勢の方を前に弾くことは簡単ではないと思います。また、ピアノの演奏が得意な方でも、リトミックの活動にふさわしい演奏ができるかは別問題のようです。でも、そこを乗り越えて弾くことで、人を動かすという貴重な経験ができます。どうかあまり心配されず、積極的に弾いてみてくださいね!

【2019年度 月例研修初級の様子】[3回目] 7/7(日)開催
第3回は初級リズムの内容をご紹介します。
7月7日の七夕の日、福岡第一支局では第3回目の月例研修会を行いました。
七夕の星空にちなみ、『きらきら星』を使ってウォーミングアップ。音の高さを手で表現しながら歌いました。一人で、二人組で、体の可動域全てを使って・・・1回目、2回目の研修で体を動かすことに慣れてきた受講生のみなさんは、きれいな歌声と笑顔で取り組んでいらっしゃいましたよ。
第3回目は、前回から学び始めた基礎リズムをステップしていきます。リトミックは歩くことでリズムを感じ取っていくことが基本ですので、リズム唱をしたり、スティックで打ったりしたリズムを動いて表現していくわけです。基礎リズムをステップしていく中で、みなさんの歩幅の意識にとても驚かされました。私自身も月例研修で学びましたが、頭で意識していても、体がついてくるまでには時間をがかかった記憶が・・・。しっかりと意識できていることに、こちらがとても嬉しくなりました。第4回目では基礎リズム全てのステップを練習します。頭の中・口(リズム唱)・手(クラップ)・足(ステップ)と全てで基礎リズムを表現できるように頑張りましょう!

【2019年度 月例研修初級の様子】[2回目] 6/9(日)開催
第2回目の初級ティーチングの内容をご紹介します。
6月9日、福岡市ではG20が開催され、会員さんの交通事情を心配致しましたが、皆様無事にいらしてくださいました。
今回は、ティーチングでやった事を少しご紹介します。
おかあさんとお散歩をして歩くことから、ドライブへ!フラフープの車にのって、いろいろな道を走りました。
車で着いたところにはうさぎさんやゾウさんがいて、みんな変身!
想像力を掻き立てました。
このようにリトミックでは子どもたちのイメージを大切にしています。
身近な知っている題材をテーマにすることで、表現の楽しさを育てていきます。

【2019年度 月例研修初級の様子】[1回目] 5/12(日)開催
第1回目の初級リズムの内容をご紹介します。
5月12日 今年度のリトミック月例研修会がスタートしました。
毎回3時間の研修で、前半は「リズム」の時間。音楽に合わせてたくさん動いて、リトミックの楽しさを経験し、リトミックについて学ぶ時間です。
そして後半は「ティーチング」の時間。テキストを使って、子どもたちを指導する方法や、ピアノの弾き方、声のかけ方などを学んでいきます。
今回はリズム1回目ということで、リズム遊びをしながらの自己紹介や、楽しいリトミックの経験をたくさん行いました。
約30名の初級の皆さんは、初めての研修ということもあり、始まる前は不安と緊張の面持ちでしたが、大好きな音楽を介してすぐに打ち解けられ、研修が終わると「楽しかった-」「あっという間でした」「すぐに実践したいです」と次回の研修を楽しみに帰られていました。
今回も研修会にはいろいろな職種の方が来られています。リトミックを通して交流できるのも魅力の1つです。
スタッフ一同、楽しい研修を提供していきますので、1年間宜しくお願いいたします♪

トップページに戻る